*

【指導要言集】文化と社会 〜智慧〜

智慧とは、価値創造していく一念の輝きであり、自身の当体と、働きの上に、躍動してくるものである。――御義口伝講義
生活とは、瞬間瞬間、智慧の発露(はつろ)の連続である。――御義口伝講義
実相をありのままに把握することが、正しい認識である。実相をそのままわが心に受けとめ、それに対して、どう価値創造していくか、どう対処するか、それが智慧である。――御義口伝講義
いま、社会が混迷し、世界が動乱の渦中にあるのは、人人の智慧が、貪(とん)瞋(じん)痴(ち)の三毒熾盛(しじょう)の生命より発するものであるからだ。人々の、奥底の清浄な、力強き智慧の結集があれば、こんな事態に、いつまでも低迷し続けるわけがない。核戦争の危機など、あろうはずがない。――御義口伝講義
生活という営みは、ことごとく人間の知恵に俟(ま)つところのものだ。原始人であろうと、文明人であろうと、その人の生活を楽しくするか、しないかは、結局、その人の智慧の働きである。文明人が幸せであるとは限らないように、原始人が必ずしも不幸とは決められない。むしろ文明人の不幸の方が、ときに凄惨(せいさん)な様相をおびさえする。――家庭革命
生活の智慧とは、生活設計の努力である。計画性のない生活は、波間にただよう木の葉のようなものだ。平穏無事なときは目立たないが、一朝(ちょう)、事あるときには波に呑まれてしまう。破綻した家庭は、農村よりも、文化的に見える都会の方に多い。生活を楽しくするのは、文化であるより、まず智慧だという証拠である。――家庭革命
現代の人類は、未曽有の惨禍(さんか)をもたらず智慧と能力はたしかに持っている。しかし、それらの惨禍を絶滅する確実な智慧と能力は、いまだ持っていないようだ。そして未来の不幸を予感して、怯えているのが、地球上の幾十億の人間の心といえよう。――人間革命
現代文明の行き詰まりは、智慧と慈悲の欠如にあるといっても過言ではない。その根本原因は、仏法以外に、この智慧と慈悲を湧現(ゆげん)し、確立し、発揮させていく原理がないからである。――御義口伝講義

関連記事

指導要言集

【指導要言集】広宣流布と組織 〜王仏冥合〜

王仏冥合とは、政治の根本理念として、大仏法の思想を置くことである。豊かな土壌には、沢山の作物が実り、

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】青年 〜雄弁〜

雄弁 大事なときに叫ぶことこそ、本当の雄弁ではないかと思う。ーー講演 雄弁とは決して口数

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜行動〜

結論を先に決めて、その目標に全力をあげて、努力すべきである。それが戦いである。そのために、綿密な企画

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜油断〜

戦いに臨んでは、一瞬の油断、小さな失敗が非常に大きな影響をもつ。――講演 最も恐るべきものは、

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じであろう。一つの新しい人工的な

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜見栄〜

よく見せようとか、よく見てもらおうとか思わないで、生地でゆけ。生地とは自分の真心からの信心である。―

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】広宣流布と組織 〜広宣流布〜

創価学会は広宣流布という偉大なる使命をおびた団体である。―-講演 久遠の本仏と久遠の衆生が相ま

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜目標〜

今日の目標は、その日のうちに必ず達成することだ。それがまた、明日の戦いへの勝利の因である。――日々の

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜知識と智慧〜

学問は知識の蓄積であり、智慧にはいる道程である。仏法は智慧であり、生活の原理である。いっさいの知識は

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜真実〜

歴史書は、間違いが多い。自己の胸中の歴史だけは、一分の嘘も、飾りも書けぬことを知れ。――若き日の日記

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑