*

【指導要言集】人生観 〜苦労と忍耐〜

忍耐が、大成への礎である。――人間革命

土台は常に地味であり、人目にはつかぬものだ。事実、いかなる大木も地中に深く張った逞しい根によって支えられている。――講演

決して派手に振舞う必要はない。自家用車に乗ったり、立派な洋服で着飾ったりして、生活を苦しめる必要もない。ありのままに、マイペースで、長期戦に臨む決心でたんたんたる信仰生活をしていくべきである。そして、同志や後輩が、裕福になり、発展していくことを、心から喜んでいける自分になることだ。後輩を指導し育てた先輩に功徳が燦然と輝かないわけはない。あせらずに、忍耐強く、長い長い一生の戦いを進めていくべきである。――講演

困難というものは、自分が作るものだ。それを乗り越えて行くのも、ほかならぬ自分だ。困難を避ける弱虫に何が出来る!――人間革命

ある青年は、苦難に向かって雄雄しく邁進し、或る者は苦難に降服し、堕落の人生に入る。
ある青年は、”波浪は障害に遇(あ)う毎に、その頑固の度を増す”の譬えの如く、自分の大成への試練、財産へと変えてゆく。――人間革命

人は誰でも自分を相当な苦労人と思っている。ほとんどの人は、それほど生きてきた過去に労苦を感じ、不幸から幸福への脱出を希(ねが)い、人知れぬ労苦に沈んでいると思われる。――家庭革命

人はときに、生活が大変だ、家庭が複雑で苦労が多い、と嘆き悲しむが、苦労に負けているというより、不幸に打ちひしがれて力を失っているのだ。――家庭革命

人が苦境に立ったとき、多くの人は見て見ぬふりをする。かかわりあいに恐れたり、またおっくうがったりして、遠ざかってゆく。そんなときの親切は、真心と、勇気ある人以外は、できないことであろう。――家庭革命

関連記事

【指導要言集】中道主義 〜絶対平和主義〜

創価学会の理念に、暴力や戦争などの人間性否定の手段が入り込む隙は微塵(みじん)もない。また、この妙法

記事を読む

【指導要言集】中道主義 〜魔の所業〜

現今の地球を包む魔の力は厚い。たとえば、限定戦争という調法(ちょうほう)な言葉を発明して、戦争をやっ

記事を読む

【指導要言集】青年 〜雄弁〜

雄弁 大事なときに叫ぶことこそ、本当の雄弁ではないかと思う。ーー講演 雄弁とは決して口数

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜権力〜

いかに既成の権力の壁が厚かろうが、おごる権力は、その一角が崩れ去れば、急速に衰え滅亡していく。――講

記事を読む

【指導要言集】信心 〜認識と評価〜

知識人として、認識せずして評価するのは大なるあやまりであり、恥である。――講演 批判のための批

記事を読む

【指導要言集】青年 〜同志〜

同志 主義・主張のため、死をも共にしゆく生涯の同志、友愛は、まことに稀である。友情は、かのホー

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜智慧〜

智慧とは、価値創造していく一念の輝きであり、自身の当体と、働きの上に、躍動してくるものである。――御

記事を読む

【指導要言集】信心 〜理論と実践〜

大聖人の仏法は事行の一念三千であり、実践があくまでも主体である。すなわち、実践のための理論であり、理

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜知識と智慧〜

学問は知識の蓄積であり、智慧にはいる道程である。仏法は智慧であり、生活の原理である。いっさいの知識は

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜油断〜

戦いに臨んでは、一瞬の油断、小さな失敗が非常に大きな影響をもつ。――講演 最も恐るべきものは、

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑