*

【指導要言集】人生観 〜苦労と忍耐〜

忍耐が、大成への礎である。――人間革命

土台は常に地味であり、人目にはつかぬものだ。事実、いかなる大木も地中に深く張った逞しい根によって支えられている。――講演

決して派手に振舞う必要はない。自家用車に乗ったり、立派な洋服で着飾ったりして、生活を苦しめる必要もない。ありのままに、マイペースで、長期戦に臨む決心でたんたんたる信仰生活をしていくべきである。そして、同志や後輩が、裕福になり、発展していくことを、心から喜んでいける自分になることだ。後輩を指導し育てた先輩に功徳が燦然と輝かないわけはない。あせらずに、忍耐強く、長い長い一生の戦いを進めていくべきである。――講演

困難というものは、自分が作るものだ。それを乗り越えて行くのも、ほかならぬ自分だ。困難を避ける弱虫に何が出来る!――人間革命

ある青年は、苦難に向かって雄雄しく邁進し、或る者は苦難に降服し、堕落の人生に入る。
ある青年は、”波浪は障害に遇(あ)う毎に、その頑固の度を増す”の譬えの如く、自分の大成への試練、財産へと変えてゆく。――人間革命

人は誰でも自分を相当な苦労人と思っている。ほとんどの人は、それほど生きてきた過去に労苦を感じ、不幸から幸福への脱出を希(ねが)い、人知れぬ労苦に沈んでいると思われる。――家庭革命

人はときに、生活が大変だ、家庭が複雑で苦労が多い、と嘆き悲しむが、苦労に負けているというより、不幸に打ちひしがれて力を失っているのだ。――家庭革命

人が苦境に立ったとき、多くの人は見て見ぬふりをする。かかわりあいに恐れたり、またおっくうがったりして、遠ざかってゆく。そんなときの親切は、真心と、勇気ある人以外は、できないことであろう。――家庭革命

関連記事

【指導要言集】人生観 〜ユーモア〜

真面目な会話の中にも、ウィットとユーモアをはさむことは、話に親しみという潤滑油を与えるうえで大切なこ

記事を読む

『私の人間学』 「不惑」を生き抜く力――シュバイツァーの原動力(P40~)

(抜粋)  つまり、すべての面で、しだいに行き詰まりが生じ、未来への希望が失われるようにみえる

記事を読む

【指導要言集】指導者 〜愚将〜

愚将 独裁的な指導者の気ままな感情や、人間生命を蔑視する偏狭な、そして冷酷な思想が、民衆に悪政

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じであろう。一つの新しい人工的な

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜見栄〜

よく見せようとか、よく見てもらおうとか思わないで、生地でゆけ。生地とは自分の真心からの信心である。―

記事を読む

【指導要言集】広宣流布と組織 〜正本堂建立〜

本門戒壇、すなわち正本堂の建立は、たんなる一握りの特権階級のためでもなく、またそれら一部の人々のみに

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづくものでなければならない。一部の

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜歴史の主体者〜

時代は変わる、必ず動く。先駆者は、いかなる苦難にもめげず、次の時代の建設を、確信しきることである。―

記事を読む

【指導要言集】広宣流布と組織 〜王仏冥合〜

王仏冥合とは、政治の根本理念として、大仏法の思想を置くことである。豊かな土壌には、沢山の作物が実り、

記事を読む

【指導要言集】青年 〜成長〜

成長 自己の向上は、希望ある日々と、自信を持った忍耐の実戦からと知れ。ーー日々の指針 多

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑