*

【指導要言集】広宣流布と組織 〜組織と人〜

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 信心, 団結, 幸福, 指導要言集(昭和43年10月12日初版), 組織, 責任 , ,

社会一般においても、でき上がった組織の上にあぐらをかき、惰性や感情に流れ、安逸(あんいつ)をむさぼって、過去の創成期の苦しみを忘れたときに、その組織力がくずれゆくことは、歴史が明確に物語っているところである。――講演

法といえども、詮ずるところは人に帰着する。組織、組織といっても、人間の集団なのである。――講演

組織をきらう人は、我儘な、我見の、信心出来得ぬ人と断定出来る。異体同心とは、最高最優秀の組織必要論である。――若き日の日記

役職のいかんをとわず、信心のある人は、お互いに励まし合い、連絡、伝達を取りあって前進していかねばならない。――指導

人と法との関係を組織に約していえば、組織自体は、法となる。人とは、それを動かし推進する主体である。したがって、その組織が伸びるかのびないか、上げ潮になるか、逆に停滞し、引き潮になるか、それは全部、組織を支える人によって決まる。――講演

もし、組織という形式にとらわれたり、権威主義に陥ったり、自分をよく見せようと背伸びしたりすれば、後輩は決してついてこない。”信心の上のメッキ”は、最後は必ずはがれる。――講演

役職は方便である。戦いきった人が勝つ。どんなことがあっても信心第一で戦い切っていけば、誰人たりとも幸福になる。――指導

関連記事

指導要言集

【指導要言集】文化と社会 〜思想の力〜

最も高遠な哲理も、卑近な日常のことの中にある。――人間革命 現実を遊離した哲学は、思想として死

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜人の心〜

人の心 人の心は微妙である。時代により、環境によって、時としては、まるで逆の反応を示すものであ

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜折伏〜

折伏は慈悲の行為である。慈悲とは、抜苦与楽と訳し、不幸を取り除き、幸福を与えることである。これは御本

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜民主主義の原理〜

真実の民主主義は、民衆一人一人が主体性を確立し、智慧・責任・自覚をもって、社会全般のことを考えるよう

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】青年 〜正義〜

正義 正義の剣を持し、戦う者は、必ず歴史が証明することだろう。ーー若き日の日記 正義の定

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】広宣流布と組織 〜正本堂建立〜

本門戒壇、すなわち正本堂の建立は、たんなる一握りの特権階級のためでもなく、またそれら一部の人々のみに

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜理論と実践〜

大聖人の仏法は事行の一念三千であり、実践があくまでも主体である。すなわち、実践のための理論であり、理

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】指導者 〜師弟〜

師弟 人生にあって、最大の幸福は、生涯の師をもつことであろう。師をもたぬ人生ほど不幸なことはな

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜政治の目標〜

民衆の苦悩を解決し、福祉生活を与えるのが、政治の目的である。故に、政治に最も必要なのは慈悲である。―

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】広宣流布と組織 〜態度〜

小さい事にも気をつけよう。たとえば時間、言葉使い、礼儀等、幹部の心遣いの良し悪しが全体に大きく影響を

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑