*

【指導要言集】広宣流布と組織 〜組織と人〜

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 信心, 団結, 幸福, 指導要言集(昭和43年10月12日初版), 組織, 責任 , ,

社会一般においても、でき上がった組織の上にあぐらをかき、惰性や感情に流れ、安逸(あんいつ)をむさぼって、過去の創成期の苦しみを忘れたときに、その組織力がくずれゆくことは、歴史が明確に物語っているところである。――講演

法といえども、詮ずるところは人に帰着する。組織、組織といっても、人間の集団なのである。――講演

組織をきらう人は、我儘な、我見の、信心出来得ぬ人と断定出来る。異体同心とは、最高最優秀の組織必要論である。――若き日の日記

役職のいかんをとわず、信心のある人は、お互いに励まし合い、連絡、伝達を取りあって前進していかねばならない。――指導

人と法との関係を組織に約していえば、組織自体は、法となる。人とは、それを動かし推進する主体である。したがって、その組織が伸びるかのびないか、上げ潮になるか、逆に停滞し、引き潮になるか、それは全部、組織を支える人によって決まる。――講演

もし、組織という形式にとらわれたり、権威主義に陥ったり、自分をよく見せようと背伸びしたりすれば、後輩は決してついてこない。”信心の上のメッキ”は、最後は必ずはがれる。――講演

役職は方便である。戦いきった人が勝つ。どんなことがあっても信心第一で戦い切っていけば、誰人たりとも幸福になる。――指導

関連記事

【指導要言集】信心 〜座談会〜

座談会は、まことに地道な行き方であるが、大衆のなかにそのまま溶け込んでいる民主主義の縮図であり、その

記事を読む

『私の人間学』 大いなる希望に生きよ――アレクサンドロスの旅立ち(P18~)

(抜粋)  私の恩師である戸田城聖創価学会第二代会長は、「人生には、希望がなくてはならない。い

記事を読む

【指導要言集】青年 〜使命〜

使命 いかなる境遇にあっても、自己の使命を貫く者は、常に人生の勝利者となろう。ーー日々の指針

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜建設〜

建設 常に、建設に生き抜く人生には、未来が輝く。最後の勝利の建設によって、人生の勝負が決するの

記事を読む

【指導要言集】指導者 〜愚将〜

愚将 独裁的な指導者の気ままな感情や、人間生命を蔑視する偏狭な、そして冷酷な思想が、民衆に悪政

記事を読む

【指導要言集】文化と社会 〜思想の力〜

最も高遠な哲理も、卑近な日常のことの中にある。――人間革命 現実を遊離した哲学は、思想として死

記事を読む

【指導要言集】文化と社会 〜思想の高低〜

思想は、すべて、邪・雑・下を排して、正・純・高なるものを追求してきたと同様に、宗教もまた、正しいもの

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人間社会の幸福と繁栄は、人間性へ

記事を読む

【指導要言集】信心 〜目標〜

今日の目標は、その日のうちに必ず達成することだ。それがまた、明日の戦いへの勝利の因である。――日々の

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜栄光〜

いかなる栄光も、自らの血と涙と汗で勝ち取らずして、真の栄光と呼ぶことはできぬ。 他人の血と涙と汗に

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑