*

【指導要言集】広宣流布と組織 〜王仏冥合〜

王仏冥合とは、政治の根本理念として、大仏法の思想を置くことである。豊かな土壌には、沢山の作物が実り、草木が繁茂する。痩せた土地には、発育不全の貧弱な作物しか取れない。政治でも、経済でも、芸術でも、大切なのは、その基調となる思想である。思想には、高低・浅深が必ずある。――人間革命

王仏冥合とは、仏法の哲理と慈悲を根本精神とし、具体的には大衆の福祉を根本として、政治を行うことである。――政治と宗教

王仏冥合の理想は、大衆福祉であり、人間性社会主義である。個人の尊厳を自覚し、真の人間性に立脚しつつ、すべての大衆の福祉を達成する新社会主義である。――政治と宗教

王仏冥合、世界広布達成の世界こそ、一国の宿命転換であり、全世界の娑婆世界即寂光土の実現である。――御義口伝講義

信心こそ個人の幸福のみならず、一国の宿命転換の根本である。そのうえに立っての政治であり、経済であり、教育であり、一切の文化の繁栄なのである。それが王仏冥合であり、立正安国である。――講演

立正安国とは、王仏冥合の異名であり、根本の思想・哲学・宗教を正すことによって、国家・社会を安泰にし、ひいては世界平和と人類の繁栄を実現せんとする理念である。――立正安国論講義

仏法の根本は、慈悲である。すべての人を平等に、幸福にしきってこそ社会の繁栄があるのだ。王仏冥合は、一口にいえばこの慈悲を具現する政治ーーと言える。人間の生命ほど尊いものはない。だが、その尊貴をあらわすには、色心不二の生命哲学による以外に道はない。最も人間性を尊重し、平和で幸福な新社会建設を実現するのが、王仏冥合の思想であった。――人間革命

人間の善意と賢明とを盤石なものとし、その勝利を決定づけるための戦いが、日蓮大聖人の仏法による宗教革命であり、人間革命を根底とした王仏冥合の実現である。――御義口伝講義

創価学会イコール公明党といったような、そんな狭量な考えであってはならない。政治だけが学会の活動分野ではない。社会のすべての面を革新しきっていく決意がなかったならば、最高の正法を根底にした文化国家は建設できない。――講演

王仏冥合達成への戦いは持久戦である。一人一人が着実に信心即生活を確立して、伸びのびと生き生きと、朗らかに前進していかねばならない。一人の犠牲者があっても、一人の不幸な人があってもならない。その人たちを犠牲にして広宣流布したとしても、それは、日蓮大聖人のご本意ではないのである。全民衆が、三大秘宝の大御本尊の功徳に浴し、福運に満ちみちて、楽しい一家和楽の生活が確立されたうえで、広宣流布を成就しようではありませんか。――講演

個人個人の栄光なくして、王仏冥合の栄光はない。また王仏冥合の栄光なくして個人の栄光もない。――講演

関連記事

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜謙虚〜

学究の徒として、少し知識を得たからといって、もうすべてを知り尽くしたと慢心を起こしている人は、自ら未

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人間社会の幸福と繁栄は、人間性へ

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜政治と人間〜

政治は人であり、技術である。民主主義も、その運用にあたる人は、生命力豊かな、慈悲の心をもった人こそ望

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜民主主義の原理〜

真実の民主主義は、民衆一人一人が主体性を確立し、智慧・責任・自覚をもって、社会全般のことを考えるよう

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】青年 〜革命〜

革命 われらの革命は、人間革命を根本として、政治革命、経済革命、社会革命、文化革命等あらゆる革

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜魔の所業〜

現今の地球を包む魔の力は厚い。たとえば、限定戦争という調法(ちょうほう)な言葉を発明して、戦争をやっ

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜建設〜

建設 常に、建設に生き抜く人生には、未来が輝く。最後の勝利の建設によって、人生の勝負が決するの

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜理論と実践〜

大聖人の仏法は事行の一念三千であり、実践があくまでも主体である。すなわち、実践のための理論であり、理

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】指導者 〜後継者〜

後継者 いかなる時代でも、心ある有能な指導者は、次の世代に着眼し、育成するという方程式を用いて

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜座談会〜

座談会は、まことに地道な行き方であるが、大衆のなかにそのまま溶け込んでいる民主主義の縮図であり、その

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑