*

【指導要言集】信心 〜信心〜

信仰とは、俗にいう諦観でもない。修養や気休めのものでもない。空漠としたものへの求道心でもなく、ましてや、現実からの逃避の道でもない。正しい対境への、正しい方法による信心によってのみ、不幸な宿命を打開することができる。――人間革命

信心なくば、永久に流転の世界であり、無常の悲哀のなかにとざされたままである。信を開いたとき初めて、常住の世界が現出する。真実に幸福なる、寂光の世界に住し、この人生、社会、時代を舞台に、自在に振舞っていけるのである。――御義口伝講義

信の一念こそ、一瞬にして、永劫の因なり、果なり、力なり、歓喜なり、福運たらん。――巻頭言

信心しているからといって、もとより、皆欠点や短所がなくなるというのではない。妙法によって浄化された場合には、同じ欠点や短所であっても、信心していない人とは、まったく違ったあらわれ方をするものである。結局は全部、変毒為薬されて、それが、その人の持ち味となり、魅力となっていくことは間違いない。――御義口伝講義

信心なき人の苦悩は、苦悩のための苦悩である。信心した人の苦悩は、煩悩即菩提の煩悩であり、生死即涅槃の生死であるがゆえに、幸福のための苦悩である。されば、常に歓喜と、希望と、確信と、しみじみとした幸福感を満喫しつつ、生まれてきた目的に対して、充分なる価値活動をなし、他にも利益し、自在無碍の生活をしてゆくことができる。これ、真の自由であり、真の開放である。――立正安国論講義

仏法は因果の理法であり、己れ自身の宿命との厳しい対決の道である。ゆえに、そこにはおまけもなければ、割り引きもない。――御義口伝講義

信心。この信心の確立に一生を送ることだ。これが人生の目的であっていいのだ――永遠の生命からみれば。――若き日の日記

信心が強く、清浄であれば、その行動は、自然と、一切法に通達した振舞いとなっていく。――御義口伝講義

自己の境遇を、じっと見るべし。そして、大いなる打開をして、未来の実証となす。これ信仰ではないか。――若き日の日記

心の師とは御本尊である。また、常に御本尊に心を向けていこうとする自己自身も、心の師である。
惰弱な心に流されるのではなく、常に心を正しい方向に向かわしめる主体者でなくてはならない。決して、自己の驕慢な心、弱い心、卑怯な心を師とし、それを中心とした行動であってはならない。――御義口伝講義

関連記事

【指導要言集】広宣流布と組織 〜意見〜

良い意見はどしどしとり入れよ。上下の関係なく。――日々の指針 意見はよく聞こう。しかし誹謗は破

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜見栄〜

よく見せようとか、よく見てもらおうとか思わないで、生地でゆけ。生地とは自分の真心からの信心である。―

記事を読む

【指導要言集】中道主義 〜中道主義〜

中道とは、真ん中とか、中間とかいう意味ではない。すべてを包含する根本という意義である。――講演

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜ユーモア〜

真面目な会話の中にも、ウィットとユーモアをはさむことは、話に親しみという潤滑油を与えるうえで大切なこ

記事を読む

【指導要言集】中道主義 〜仏法民主主義〜

人間生命の尊厳と慈悲を根底とする仏法民主主義こそ、真の自由、真の平等を達成する真の民主主義である。―

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜時代〜

時とは、不思議なものである。人間生命の奥底の流れが時をつくるのか。また国土のリズム、否、大宇宙のリズ

記事を読む

【指導要言集】中道主義 〜魔の所業〜

現今の地球を包む魔の力は厚い。たとえば、限定戦争という調法(ちょうほう)な言葉を発明して、戦争をやっ

記事を読む

【指導要言集】青年 〜勝負〜

勝負 魔が勝つか、仏の軍勢が勝つか、所詮、仏法は勝負である。ーー講演 勝敗を決する最大の

記事を読む

【指導要言集】中道主義 〜民主主義の原理〜

真実の民主主義は、民衆一人一人が主体性を確立し、智慧・責任・自覚をもって、社会全般のことを考えるよう

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜虚栄〜

虚栄は裏側で自己を苦しめることになる。――巻頭言 いま、虚栄高く、幸福そうに見える人も、時代が

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑