*

【指導要言集】人生観 〜建設〜

公開日: : 最終更新日:2016/03/17 人材育成, 希望, 指導要言集(昭和43年10月12日初版) , ,

建設

常に、建設に生き抜く人生には、未来が輝く。最後の勝利の建設によって、人生の勝負が決するのだ。――人間革命

新しき日本、新しき世界を建設するためには、新しき人材によらねばならぬ。――巻頭言

建設と破壊、破壊と建設――。それは万有の流転なのか。人類は、永久に、崩れることなき社会を築くことが不可能なのであろうか。果たして、民族がともに、協調して、楽しく暮らしていくことはできぬものであろうか。――人間革命

建設は、血と汗の貴重なる民族の結晶が積み重なって出来上がるものだ。それに反し、破壊は、一瞬にして灰と化してしまうものだ。――人間革命

若々しく希望を抱き、今日も公私共に建設にはげもう。――日々の指針

草創期の建設精神を忘れたときに、すでに堕落が始まり、滅亡の因となる。――講演

少しずつでも、伸長してゆく世界は強い。次第に減退してゆく実相には、淋しい運命が含まれているものだ。――人間革命

建設には希望があり、尊い。また建設には、なみなみならぬ苦難がある。しかし、そこには偉大なる曙光があり、人間をつくってゆく。反対に堕落は安易である。魔の働きであり、最後はすべて不幸である。建設には長い時間がかかるが、堕落は一瞬である。――講演

関連記事

【指導要言集】指導者 〜師弟〜

師弟 人生にあって、最大の幸福は、生涯の師をもつことであろう。師をもたぬ人生ほど不幸なことはな

記事を読む

『私の人間学』 大いなる希望に生きよ――アレクサンドロスの旅立ち(P18~)

(抜粋)  私の恩師である戸田城聖創価学会第二代会長は、「人生には、希望がなくてはならない。い

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜真実〜

歴史書は、間違いが多い。自己の胸中の歴史だけは、一分の嘘も、飾りも書けぬことを知れ。――若き日の日記

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜虚栄〜

虚栄は裏側で自己を苦しめることになる。――巻頭言 いま、虚栄高く、幸福そうに見える人も、時代が

記事を読む

【指導要言集】広宣流布と組織 〜連絡、報告〜

連絡、報告を迅速にせよ。これ勝敗の岐路なれば。――日々の指針 大事な用件は火急に連絡をしあうこ

記事を読む

【指導要言集】中道主義 〜大衆〜

民主主義政治の前提をなすものは、なによりも大衆の自覚である。――政治と宗教 大衆は"有智(うち

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづくものでなければならない。一部の

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜信用〜

すべてに信用をつかむことだ。それが自己の勝利であり、広布の勝利と知れ。――日々の指針 信頼と尊

記事を読む

【指導要言集】広宣流布と組織 〜組織〜

人体こそ、最高に完璧な組織体である。また、およそ社会機構で組織の存在しないものはない。組織は時代の要

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜努力〜

天才とは努力の異名である。努力なくして何で力ある人が生まれようか。――人間革命 偉人といわれた

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑