*

【指導要言集】広宣流布と組織 〜広宣流布〜

創価学会は広宣流布という偉大なる使命をおびた団体である。―-講演

久遠の本仏と久遠の衆生が相まみえるのが、広宣流布の儀式である。―-指導

至難に思われる広宣流布も、時と条件とが問題であって、それを如何にして創るかに、一切の困難と辛労が、かかっている。―-人間革命

冷静に世界の動きを観察するならば、広宣流布の条件は着々と整い、時代はまさに広宣流布へ、妙法公布へと、潮流となって動いている。―-講演

一国の広宣流布ということは、要するにその国の宿命転換を、完全に遂行するということだ。人類史上、誰もやったものはないのだ。今まで、どんな優れた思想・哲学・宗教でも、人一人を完全に救うことも出来なかった。せいぜい気休めの慰めくらいのことしかできなかった。まして、どんな立派そうに見える主義・主張も、一国をまるまる見事に救ったことはない。―-人間革命

広宣流布は、最大の大衆運動であり、生きた庶民の大運動である。庶民は観念的な理論を敬遠し、生活に即した事実を好むものだ。それが庶民の智慧であり、強さでもある。―-人間革命

私どもは、真実の大衆の味方として、民衆のなかへ入り、民衆のなかで戦い、民衆一人一人を納得させ、民衆を味方にする戦いを進めていこう。そのうえに、はじめて広宣流布の金字塔は打ち立てられるのだ。―-講演

真実の、新しい時代の民衆の勝利も、仏法民主主義の高い次元の王座も、絶対的幸福の栄光も、広宣流布の栄冠も、茨の道を切り開いて勝ち取る以外には絶対にない。―-講演

広宣流布達成まで、それが千里の道のように見えようとも、一歩、一歩の前進を決して忘れてはならない。この一歩の前進なくして、千里の道が達せられることはないはずだ。―-人間革命

広宣流布、広宣流布と、おうむのように観念的に言っていても、しょうがない。かえって、広宣流布はどんどん逃げていくだけだ。今、大事なことは、誰が広宣流布をやるかだ。―-人間革命

広宣流布は必ず人によって決まり、人によって進められ、人によって実現していく。―-講演

広宣流布の主体、根底もまた人であり、広宣流布を成就するもしないも、究極のところは、私達自身の胸中にあり、一念の中にある。―-講演

広宣流布は、手をこまねいて待っていても絶対に成就するものではない。広宣流布の道を切り開くか否か、王仏冥合の大偉業の成否も、全て私ども一人一人の人間の、現在の決意、責任、行動によって決まる。―-講演

広宣流布は人間革命が土台であり、人材の城を築く以外にない。―-講演

広宣流布とは、一人一人の人間革命の生きた集積である。私達は、一人一人が弱き自己と戦い、名聞名利を排し、責任感にあふれ、真心の戦いをしていくところに広宣流布の勝利、王仏冥合の勝利が到来する。―-講演

正法を流布して、世界広布を達成することが、この地上より悲惨の二字を抹殺する唯一の道である。―-御義口伝抗議

関連記事

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜責任〜

自分で蒔いた種は、自分で刈り取ろう。――人間革命 責任ある人は智慧が湧く。責任回避の人は悪智慧

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜権力〜

いかに既成の権力の壁が厚かろうが、おごる権力は、その一角が崩れ去れば、急速に衰え滅亡していく。――講

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜信心〜

信仰とは、俗にいう諦観でもない。修養や気休めのものでもない。空漠としたものへの求道心でもなく、まして

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】指導者 〜指導者と民衆〜

指導者と民衆 生涯、庶民の味方になることだ。 生涯、大衆と共に生き抜くことだ。ーー若き日の日

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】広宣流布と組織 〜組織と人〜

社会一般においても、でき上がった組織の上にあぐらをかき、惰性や感情に流れ、安逸(あんいつ)をむさぼっ

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜確信〜

第一にも確信、第二にも確信、第三にも確信をもって、朗らかに逞しく、すべてを建設してゆこう。――日々の

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜魔の所業〜

現今の地球を包む魔の力は厚い。たとえば、限定戦争という調法(ちょうほう)な言葉を発明して、戦争をやっ

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】青年 〜団結〜

団結 団結は大軍だ。力を合わせよう。ーー指導 戦いで、最も大事なことは、団結であり、スク

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜人生〜

人生 価値創造を営むのが、人生である。ーー家庭革命 生活に理念のない人生ほど、空虚なもの

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上してきた。かつては、飢えと貧困

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑