*

【指導要言集】青年 〜団結〜

公開日: : 最終更新日:2015/11/20 指導, 指導要言集(昭和43年10月12日初版), 書籍 , ,

団結

団結は大軍だ。力を合わせよう。ーー指導

戦いで、最も大事なことは、団結であり、スクラムを組むことである。反対に最も恐るべきことは、お互いが感情的になり、不仲になり、そして無責任になることだ。ーー講演

みんなの心が、一つになれば、必ず事は成就する。計画したことが全部は出来なかったとしても、必ず思いもかけぬ新しい道が、そこに開かれていくものだ。ーー人間革命

“一人立つ”ということと、団結とは、一見違うように思えるが、実は全く同じものである。自分が責任を担って一人立つところに、団結は自ずから築かれてゆく。ーー講演

団結は力である。団結は人を守り、自己をも守るものである。ーー講演

団結、団結といくら叫んだからといって、それで、団結が堅くなるものではない。それには、車軸が金剛不壊でなければならぬ。純粋にして強い信心だ。幹部の自覚と使命感だ。一人一人が、自分の力を最大に発揮して目的のために強くのびのびと前進してゆけば、自ずから深い団結がなされてゆくものである。ーー人間革命

一人の自覚ある幹部、使命感と責任感に満ちた闘士が立ち上がったとき、そこには常に新しい波動が湧きおこり、人々の心を一つにしていく力が必ず出てくる。ーー講演

真の団結というものは、人の意志や心掛けで出来るものではない。大御本尊に対する、純粋で強盛な信心を貫き通す時に、その信心のきずなで、自然と堅い団結ができるのだ。ーー人間革命

自分一人が偉くなろうという態度は、名聞名利に流され団結を破る行き方になるおそれがある。一般社会の「一将功成りて万骨枯る」という利己主義の方式は、あくまで排撃しなければならぬ。一人が百歩前進するよりも、百人が一歩前進する方が、どれだけ尊いか、測り知れない。ーー巻頭言

みんなと調和のとれない人は増上慢である。あの人あり、この人ありて……で、和合僧といえる。ーー指導

人を尊敬することを知らない人、人を守ることを知らない人、人の長所を見出すことが出来ない人、それは異体同心ではない。ーー指導

われらの団結は、信心の団結である。王仏冥合達成という、人間社会を根底から救済しゆく、実践の団結である。すなわち、永遠の世界平和樹立の、根本理念の上に立った、異体同心という原理に基づいた団結である。すなわち、民衆の、善人の、勝利の実証のための団結である。ーー巻頭言

関連記事

【指導要言集】中道主義 〜中道主義〜

中道とは、真ん中とか、中間とかいう意味ではない。すべてを包含する根本という意義である。――講演

記事を読む

【指導要言集】青年 〜雄弁〜

雄弁 大事なときに叫ぶことこそ、本当の雄弁ではないかと思う。ーー講演 雄弁とは決して口数

記事を読む

【指導要言集】信心 〜座談会〜

座談会は、まことに地道な行き方であるが、大衆のなかにそのまま溶け込んでいる民主主義の縮図であり、その

記事を読む

【指導要言集】青年 〜成長〜

成長 自己の向上は、希望ある日々と、自信を持った忍耐の実戦からと知れ。ーー日々の指針 多

記事を読む

【指導要言集】指導者 〜人間革命〜

人間革命 一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類

記事を読む

三色旗

心は自由自在

2013/03/12聖教新聞に掲載。 「新時代第64回本部幹部会(2013/03/03)」の中

記事を読む

【指導要言集】信心 〜目標〜

今日の目標は、その日のうちに必ず達成することだ。それがまた、明日の戦いへの勝利の因である。――日々の

記事を読む

【指導要言集】信心 〜認識と評価〜

知識人として、認識せずして評価するのは大なるあやまりであり、恥である。――講演 批判のための批

記事を読む

【指導要言集】広宣流布と組織 〜広宣流布〜

創価学会は広宣流布という偉大なる使命をおびた団体である。―-講演 久遠の本仏と久遠の衆生が相ま

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜個性〜

個性 自己の持ち味を出せ、そして人の持ち味を出さしめよ。――日々の指針 梅は梅、桜は桜、

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑