*

【指導要言集】人生観 〜人の心〜

人の心

人の心は微妙である。時代により、環境によって、時としては、まるで逆の反応を示すものである。ーー立正安国論講義

人の心は、移り易く、恐ろしいものだ。信心のないつながりは、真金ではなく、鉄であり鉛である。ーー人間革命

人は窮乏にあうと、驚くほど強靭な力を発揮する。反対に、極端に弱くなり、意気地のなくなる人もある。ーー人間革命

これから何事か成そうとしている人の心は、はずんでいる。またその姿は美しい。とくに、いかなる困難とも戦い、自己の目標に、まっしぐらに進んでいく姿は、最美であるといえよう。ーー御義口伝講義

人間は、なかなか魔には勝てないようだ。どんなに意志を強固にしても、どれほど善意に溢れていようとも、人間は残念ながら魔に勝つことは大変のようである。一国においても、一団体においても、一個人においてもーー。ーー人間革命

生命は尊厳であると、抽象的な人間像を描いて、主張することはたしかに簡単である。だが、一歩ひるがえって、自己の身辺を見、または汝自身を見たとき、限りなく醜く、卑しく、汚れたものであることも、生命の一面であろう。ーー御義口伝講義

なまの人生には固定観念はない。思考力の脆弱さは、いたずらにすべてを抽象化し、固定化し「死」に追いやるが、現実の具体的活動は一瞬の休止もなく流転していく。「生」とは、この具体的な現実である。ーー家庭革命

不惜身命の精神に立った人ほど強いものはない。真実の安楽であり、いかに、他からこわそうとしても、こわすことはできない。誰にこびへつらう必要もない。巌(いわお)のごとく堂々としており、太陽のごとく光輝にみちた人生行路である。ーー御義口伝講義

いざ自分の利害に関係してくると、全てを混同して、信心も、仏法も、組織も、全て自己本位に、狂者のように振舞う人がいる。いずれの時代でも、いずれの社会でもーー。ーー人間革命

関連記事

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜個性〜

個性 自己の持ち味を出せ、そして人の持ち味を出さしめよ。――日々の指針 梅は梅、桜は桜、

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】文化と社会 〜思想の高低〜

思想は、すべて、邪・雑・下を排して、正・純・高なるものを追求してきたと同様に、宗教もまた、正しいもの

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜権力〜

いかに既成の権力の壁が厚かろうが、おごる権力は、その一角が崩れ去れば、急速に衰え滅亡していく。――講

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じであろう。一つの新しい人工的な

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】青年 〜同志〜

同志 主義・主張のため、死をも共にしゆく生涯の同志、友愛は、まことに稀である。友情は、かのホー

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜中道主義〜

中道とは、真ん中とか、中間とかいう意味ではない。すべてを包含する根本という意義である。――講演

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】指導者 〜指導者と民衆〜

指導者と民衆 生涯、庶民の味方になることだ。 生涯、大衆と共に生き抜くことだ。ーー若き日の日

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜折伏〜

折伏は慈悲の行為である。慈悲とは、抜苦与楽と訳し、不幸を取り除き、幸福を与えることである。これは御本

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】指導者 〜師弟〜

師弟 人生にあって、最大の幸福は、生涯の師をもつことであろう。師をもたぬ人生ほど不幸なことはな

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜理論と実践〜

大聖人の仏法は事行の一念三千であり、実践があくまでも主体である。すなわち、実践のための理論であり、理

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑