*

【指導要言集】青年 〜革命〜

公開日: : 最終更新日:2015/11/20 指導, 指導要言集(昭和43年10月12日初版), 書籍

革命

われらの革命は、人間革命を根本として、政治革命、経済革命、社会革命、文化革命等あらゆる革命をおし進めていく、慈悲と道理の無血革命である。ーー巻頭言

詮ずるところ、世界平和といっても、個人における人間革命から始まる。個人の革命が家庭を革命し、国家を革命し、ひいては、世界の宿命を変えていく。
この人間革命が、創価学会の真髄であり、千里の道も一歩より、大海の水も一滴よりなのである。ーー講演

偉大なる建設をなさんとする時、幾多の困難を克服せずして、完成は得られない。ゆえに安逸と堕落は、革命の敵である。ーー巻頭言

革命は決して太平の世には起こらない。暴君、暗君の横暴、佞臣の暗躍、政治の乱脈、そして不幸な民衆の悲痛な叫び、これが極限に達し、不信の念が過飽和状態となった時、爆発的に起こる。ーー巻頭言

革命は死なり。
吾らの死は、妙法への帰命なり。
真の大死こそ、祖国と世界を救う大柱石とならん。ーー人間革命

目標をつくらないと革命精神がなくなり虚栄となる。幹部が虚栄になると、末端との間に断層ができる。革命精神とは闘魂である。幹部に闘魂がなくなると、後輩が革新の決意をもっていても、先輩と境智冥合して現実と妥協してしまうものだ。ーー指導

一人の青年が死を決意するとき、革命は成就する。ーー指導

関連記事

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜民主主義の原理〜

真実の民主主義は、民衆一人一人が主体性を確立し、智慧・責任・自覚をもって、社会全般のことを考えるよう

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜信心の在り方〜

根本は、大御本尊に強盛な祈りをなし、勤行をしていくことで、これは個人の自転である。学会活動、王仏冥合

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜智慧〜

智慧とは、価値創造していく一念の輝きであり、自身の当体と、働きの上に、躍動してくるものである。――御

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜虚栄〜

虚栄は裏側で自己を苦しめることになる。――巻頭言 いま、虚栄高く、幸福そうに見える人も、時代が

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】広宣流布と組織 〜意見〜

良い意見はどしどしとり入れよ。上下の関係なく。――日々の指針 意見はよく聞こう。しかし誹謗は破

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜行動〜

結論を先に決めて、その目標に全力をあげて、努力すべきである。それが戦いである。そのために、綿密な企画

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜個性〜

個性 自己の持ち味を出せ、そして人の持ち味を出さしめよ。――日々の指針 梅は梅、桜は桜、

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】文化と社会 〜思想の高低〜

思想は、すべて、邪・雑・下を排して、正・純・高なるものを追求してきたと同様に、宗教もまた、正しいもの

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】青年 〜勝負〜

勝負 魔が勝つか、仏の軍勢が勝つか、所詮、仏法は勝負である。ーー講演 勝敗を決する最大の

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜絶対平和主義〜

創価学会の理念に、暴力や戦争などの人間性否定の手段が入り込む隙は微塵(みじん)もない。また、この妙法

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑