*

【指導要言集】中道主義 〜戦争〜

公開日: : 最終更新日:2016/10/11 不惜身命, 中道政治, 信心, 勇気, 平和, 幸福, 戦争, 権力, 民衆, , ,

戦争ほど残酷なものはない。戦争ほど悲惨なものはない。――人間革命

勝者の殺人は合法となり、敗者の殺人は犯罪となる法は、どこにあるか。――人間革命

勝者が敗者を裁くということは、いかに法律的な装いをこらしても、結局、執念深い復讐となるよりほかない。――人間革命

嵐のあとには、必ず青空が出るはずだ。だが、なぜ人の世だけは、やっと大戦が終わったというのに、今また、ここに悲惨な大絵巻を、地球上に、繰りひろげてゆかねばならないのだろうか。――人間革命

平和と幸福への願いは、万人共通の念願である。戦争は断じて行うべきではない。戦争して誰が喜ぶか。誰が幸福か。勝利者も、敗北者も――。――人間革命

いついかなる時においても、戦争を行う主体は人間であり、人間生命それ自体に潜(ひそ)む戦争の因を絶滅していかなければならない。――科学と宗教

平和を叫びながら戦争を準備し、否(いな)、平和のための戦争などという愚かな理論が通用する現代の世界は、まさに闇であり、無明(むみょう)である。その根本原因は、人間生命の尊厳に対する無認識であり、少数の、だが重要な位置にある指導者達の愚癡迷妄(ぐちめいもう)にあるといわざるをえない。――御義口伝講義

関連記事

指導要言集

【指導要言集】広宣流布と組織 〜広宣流布〜

創価学会は広宣流布という偉大なる使命をおびた団体である。―-講演 久遠の本仏と久遠の衆生が相ま

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜行動〜

結論を先に決めて、その目標に全力をあげて、努力すべきである。それが戦いである。そのために、綿密な企画

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】広宣流布と組織 〜正本堂建立〜

本門戒壇、すなわち正本堂の建立は、たんなる一握りの特権階級のためでもなく、またそれら一部の人々のみに

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜虚栄〜

虚栄は裏側で自己を苦しめることになる。――巻頭言 いま、虚栄高く、幸福そうに見える人も、時代が

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜権力〜

いかに既成の権力の壁が厚かろうが、おごる権力は、その一角が崩れ去れば、急速に衰え滅亡していく。――講

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】指導者 〜師弟〜

師弟 人生にあって、最大の幸福は、生涯の師をもつことであろう。師をもたぬ人生ほど不幸なことはな

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜苦労と忍耐〜

忍耐が、大成への礎である。――人間革命 土台は常に地味であり、人目にはつかぬものだ。事実、いか

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜政治の目標〜

民衆の苦悩を解決し、福祉生活を与えるのが、政治の目的である。故に、政治に最も必要なのは慈悲である。―

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜折伏〜

折伏は慈悲の行為である。慈悲とは、抜苦与楽と訳し、不幸を取り除き、幸福を与えることである。これは御本

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜見栄〜

よく見せようとか、よく見てもらおうとか思わないで、生地でゆけ。生地とは自分の真心からの信心である。―

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑