*

【指導要言集】人生観 〜人間の本質〜

人間の本質

どんな境遇におちようと、私という人間の本質が変わるはずはない。ただ、世間の人々の眼に、変わったとみえるだけではないか。してみれば、世間の人々の眼玉というものが、当てにならないだけの話だ。風につられて動く、当てにならない、社会の眼玉を恐れるということは、ばかげたことになる。――人間革命

人間性ということは、最高の真実性ということだ。――指導

人間が人間らしいといえるのは、庶民である。名誉や地位を持つ者には、人間らしさはない。庶民こそ人間といえるのである。――指導

自在の境涯とは、特別な姿になることではない。最も凡人らしく、人間らしく、そのままの姿で、大福運をつみ、世の道理をわきまえ、宿命的な、三悪道、四悪趣の力にひきずりまわされない生命活動のことである。――御義口伝講義

あたかも電灯が出現したら、ランプもタイマツも、自然とその姿を消すように、最高の価値に結集されていくのが、人間の本性である。――人間革命

過去のヒューマニズムは、神や、真理といった超現実的な、不滅の存在を想定し、そのもとにおける人間の尊厳を論じたものにすぎなかった。このように、本体とした神や真理が漠然とした観念に他ならないがゆえに、その唱えるヒューマニズムも、あいまいな言葉の遊戯の域を出なかったといえよう。
衆生と仏と不二と説く仏法によって、初めて生ま身の人間を本体とした、真の人間性の尊厳、ヒューマニズムの基盤が確立されるのである。――御義口伝講義

分化された専門家をつくることにのみ窮々とし、根本の”人間であること”の意義と、人間形成の道を忘却してきたところに、現代の人間性喪失の悲劇が生じたといえまいか。――巻頭言

出発も人間、最後も、やはり人間である。いくらコンピュータの時代といっても、幸福の根本は、人間の本質の解明、人間の尊厳の解決に帰着しなくてはならない。――講演

いかに時代が変遷し、指導者がかわり、社会機構、制度等が変貌し、また、国家、民族の興亡浮沈が繰り返されようと、常に本有無作の、永久に変わらざる最高善の人間性を確立することだ。――巻頭言

理性の人がいる。感情の人がいる。だが、一見、理性の強い人であっても、その本質を見極めると、驚くほど、なんと感情家の多いことか。――人間革命

人間には本質的に、現状に甘んずる傾向が存するものだ。それが、たとえ悪い状態であるとわかっていても、そこから出ること、それを変えることを嫌う気持ちがある。”住めば都”という言葉があるが、これはそうした人間性の一面をまことに端的に、表現したものである。半面、いっさいの現状に安んずることを嫌い、常に新しいものを求めてやまない性情もある。それが青年の特質でもある。――立正安国論講義

人間性の悪の面、たとえば利己主義、権威主義、愚昧などに支配された生命活動であれば、結局、その活動は、社会を腐敗と混乱に陥れる結果となる。――御義口伝講義

偉大な人物を思い浮かべるとき、人は見上げるような巨人の像を思うものである。だが、実際に会ってみると、意外に小柄なので、驚いたりする。――御義口伝講義

体が大きいから、力があると思うのは思い違いである。真の力とは、智慧である。その智慧を湧現させるには、御本尊を信じ唱題する以外にないのである。――指導

洋服や姿形(すがたかたち)ばかりに気をとられている人は、平家の落ち武者だ。われわれは、心中深く革命の思想を燃やし、力を養った源氏でなければいけない。――指導

関連記事

指導要言集

【指導要言集】文化と社会 〜思想の高低〜

思想は、すべて、邪・雑・下を排して、正・純・高なるものを追求してきたと同様に、宗教もまた、正しいもの

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜座談会〜

座談会は、まことに地道な行き方であるが、大衆のなかにそのまま溶け込んでいる民主主義の縮図であり、その

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜民衆〜

民衆の声ほど、強きものはない。 民衆の怒りほど、恐ろしきものはない。 民衆の叫びほど、正しきもの

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜人の心〜

人の心 人の心は微妙である。時代により、環境によって、時としては、まるで逆の反応を示すものであ

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】指導者 〜心構え〜

心構え 自己との厳しい戦いなくして、偉大なる新時代建設の人材は生まれない。苦闘のなかにこそ、真

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜信心〜

信仰とは、俗にいう諦観でもない。修養や気休めのものでもない。空漠としたものへの求道心でもなく、まして

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】文化と社会 〜思想の力〜

最も高遠な哲理も、卑近な日常のことの中にある。――人間革命 現実を遊離した哲学は、思想として死

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜流行〜

流行は、知識として知っておくことが必要である。それは、時代を知るうえでも大切なことといえる。流行はも

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】青年 〜同志〜

同志 主義・主張のため、死をも共にしゆく生涯の同志、友愛は、まことに稀である。友情は、かのホー

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】指導者 〜師弟〜

師弟 人生にあって、最大の幸福は、生涯の師をもつことであろう。師をもたぬ人生ほど不幸なことはな

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑