*

【指導要言集】信心 〜信心の在り方〜

根本は、大御本尊に強盛な祈りをなし、勤行をしていくことで、これは個人の自転である。学会活動、王仏冥合の戦いは、公転になる。この自転と公転とが調和して完璧な信心といえる。――講演

ただ御本尊に甘えているのは、観念的な信心である。現実社会に挑んで真剣に祈り、戦ったか否かの一点の差で百八十度も違う結果が出てくる。――講演

仏法は、決して偏頗な法ではない。因果倶時の妙法であり、厳然と、その人の信心、その人の行動、そして福運は、生命に刻みつけられていく。
要領を使い、小才を利かし、うまく立ちまわった人は、その分だけ、必ず後で損をするし、悩まなければならない。誰が見ていようといないと、常に日蓮大聖人とお心を胸に、まじめに戦う人は、必ず福運の花を開いていく。――御義口伝講義

妙法の眷属であれば、上げ潮のごとく福運がついていく。いかなる立ち場の人であっても見せかけの信心であり、名聞名利にとらわれるならば、魔の眷属となり、引き潮のごとく福運が消滅していってしまう。――講演

幹部になって、多忙な活動をしているから、題目は少しぐらい少なくてもいいだろうと考えるのは、誤りである。役職と題目の数とは関係ない。どんなに役職が上になろうが、どのような時代がこようが、第一にも第二にも題目だということを忘れてはならない。――講演

信心とは、役職の上下でもなければ、年数の長短でもない。現在の一瞬の信力、行力の強さによって決まるのである。信行兼ねそなえたときに、その人の生命力は躍動し、智慧は湧き出て、人生を自在に闊歩でき得ることは絶対に間違いない。――巻頭言

信心に落胆はない。――講演

ジェット機に乗って七千メートル、八千メートルの高度に昇るあいだは、どうしても気流の関係、雲の関係で機体が揺れる。エンジンが弱ければ、その気流を突破できない。同じように、信心が弱ければ、荒れ狂う怒涛のごとき人生、社会を乗り切ることはできない。――講演

同じ機械を動かすのでも、弱い電流を送れば、機械の動き方は少なく、強い電流を送れば機械はぐんぐん動いていく。何ボルトの電圧、何アンペアの電流を使うかということに相当するのが信心の強弱である。――講演

関連記事

【指導要言集】信心 〜信心〜

信仰とは、俗にいう諦観でもない。修養や気休めのものでもない。空漠としたものへの求道心でもなく、まして

記事を読む

【指導要言集】広宣流布と組織 〜広宣流布〜

創価学会は広宣流布という偉大なる使命をおびた団体である。―-講演 久遠の本仏と久遠の衆生が相ま

記事を読む

【指導要言集】信心 〜折伏〜

折伏は慈悲の行為である。慈悲とは、抜苦与楽と訳し、不幸を取り除き、幸福を与えることである。これは御本

記事を読む

【指導要言集】中道主義 〜民衆〜

民衆の声ほど、強きものはない。 民衆の怒りほど、恐ろしきものはない。 民衆の叫びほど、正しきもの

記事を読む

【指導要言集】人生観 〜流行〜

流行は、知識として知っておくことが必要である。それは、時代を知るうえでも大切なことといえる。流行はも

記事を読む

【指導要言集】青年 〜正義〜

正義 正義の剣を持し、戦う者は、必ず歴史が証明することだろう。ーー若き日の日記 正義の定

記事を読む

【指導要言集】青年 〜同志〜

同志 主義・主張のため、死をも共にしゆく生涯の同志、友愛は、まことに稀である。友情は、かのホー

記事を読む

【指導要言集】指導者 〜後継者〜

後継者 いかなる時代でも、心ある有能な指導者は、次の世代に着眼し、育成するという方程式を用いて

記事を読む

【指導要言集】信心 〜行動〜

結論を先に決めて、その目標に全力をあげて、努力すべきである。それが戦いである。そのために、綿密な企画

記事を読む

【指導要言集】信心 〜指導〜

内部の個人個人をじっくりと大信者に育てよう。一人も残らずに。――日々の指針 自己の指導が、その

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑