*

【指導要言集】信心 〜折伏〜

折伏は慈悲の行為である。慈悲とは、抜苦与楽と訳し、不幸を取り除き、幸福を与えることである。これは御本尊の絶対無二の仏力・法力により、信ずる人の信力・行力の度合いに応じて顕現するのである。いいかえれば、慈悲とは、ひとえに御本尊の力であり、仏の徳性である。――御義口伝講義

折伏という無血革命、道理と慈悲の大革命こそ、人々の生命の奥底を変え、社会の底流を変える奔流であり、新社会を築く最高の力である。――講演

折伏行は、日蓮大聖人の民衆救済の大精神であり、その御遺命を受けた創価学会の生命であり、骨髄である。――御義口伝講義

折伏精神の根底は慈悲であるが、あくまでも勇気が表であることを自覚すべきである。――御義口伝講義

いくら政治の分野で華々しい活動をしていても、それだけでは、広宣流布を目指す戦いは行き詰まる。折伏こそ末法における仏道修行の根本である。――講演

笑みをたたえつつ、楽しく、礼儀正しく、誠実に、親切に、一歩一歩、着実は折伏の駒を進めたい。折伏こそ豊かな妙法の土壌をつくる源泉であり、いまの折伏活動が、将来必ず千倍万倍の実果をもたらすことは間違いない。――講演

折伏を行する人は、学会の宝である。どんな時代がきても、あくまでも折伏をしきってきた人、折伏の功労者を、決して見落とすことなく、その人たちを擁護し、大事にし、尊敬していかなければならない。――講演

関連記事

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜政治の目標〜

民衆の苦悩を解決し、福祉生活を与えるのが、政治の目的である。故に、政治に最も必要なのは慈悲である。―

記事を読む

三色旗

第六十七回本部幹部会『「人間革命」の無上道を漸進』〈平成5年6月15日、創価国際友好会館〉

○指導者は、知道者、開道者、説道者たれ  目には見えないが、大空には「鳥の飛ぶ道」がある。大海

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜戦争〜

戦争ほど残酷なものはない。戦争ほど悲惨なものはない。――人間革命 勝者の殺人は合法となり、敗者

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜信心の在り方〜

根本は、大御本尊に強盛な祈りをなし、勤行をしていくことで、これは個人の自転である。学会活動、王仏冥合

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】中道主義 〜中道主義〜

中道とは、真ん中とか、中間とかいう意味ではない。すべてを包含する根本という意義である。――講演

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜苦労と忍耐〜

忍耐が、大成への礎である。――人間革命 土台は常に地味であり、人目にはつかぬものだ。事実、いか

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】信心 〜理論と実践〜

大聖人の仏法は事行の一念三千であり、実践があくまでも主体である。すなわち、実践のための理論であり、理

記事を読む

no image

【指導要言集】文化と社会 〜智慧〜

智慧とは、価値創造していく一念の輝きであり、自身の当体と、働きの上に、躍動してくるものである。――御

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】青年 〜青年期〜

青年期 青年とは、絶えざる建設と革新の息吹きの象徴である。すなわち、強く、そして清浄であり、か

記事を読む

指導要言集

【指導要言集】人生観 〜己れを知る〜

己れを知る 汝自身を知ることは、大変なことである。苦悩も、失敗も、自身を知らぬことから、出発す

記事を読む

no image
【指導要言集】文化と社会 〜法の運用〜

憲法は国民が守るべき国の基本法である。その改正は、国民の総意にもとづく

no image
【指導要言集】文化と社会 〜制度と機構〜

池に大石を投げる――そこには必ず波紋が生ずる。現代社会機構もまた、同じ

no image
【指導要言集】文化と社会 〜人間性の尊重〜

民衆は、各自の人間性が尊重される社会を理想とする。――政治と宗教 人

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代社会と人間〜

現代の世界は、物質文明の進歩によって、物質的な生活レベルは、著しく向上

no image
【指導要言集】文化と社会 〜現代の特質〜

私は人類史の流れから見て「現代」の時代的本質は、無知と貪欲に支配された

→もっと見る

PAGE TOP ↑